膣カンジダ症を治したいなら ”乳酸菌”の力を知るべきです!

花菜の選べる乳酸菌

 >>初回半額コース有り!“花菜の選べる乳酸菌”公式サイトへ

腸とそこに生息する菌類が私たちの健康に様々な影響をもたらすということや、乳酸菌は体に良いということを知っている人がほとんどではないでしょうか。けれど、乳酸菌はどのようなもので、なぜ体に良いのかということまで答えられる人は少ないのではないでしょうか。そして、膣カンジダに乳酸菌が影響するということもご存じない方も多いでしょう。このページでは、乳酸菌についての基礎知識となぜ乳酸菌が膣カンジダを改善する働きがあるのかについて説明します。

◆乳酸菌について知ろう
私たちの身の周りには様々な細菌がいます。人の体には至るところに細菌が存在しますが、その中でも腸内菌の数はとても多いと言われます。その種類は300~500種類、数にすると100兆個以上も存在すると言われます。これは地球上の人類の数をはるかに超える数の菌たちが私たちの腸内に生息しているのです。その中の一つの種類として乳酸菌は存在し、私たちの腸内にも生息しているということをご存じの方も多いでしょう。ですが、私たちが生まれる前、つまり母親のお腹にいるときには私たちの腸内には全く菌がいない状態で生まれてくるのをご存じでしょうか。実は、私たちが生まれた瞬間から母親やお医者さんなどが手で触れたりすることで様々な菌が口から入ってきて私たちの腸内には様々な菌が生息し始めるのです。因みに、乳酸菌は身の周りでは、味噌やぬか漬け、ヨーグルトなどの乳製品中に存在します。

▻乳酸菌とは
乳酸菌とは善玉菌の一種でその生命活動の中で”乳酸や酢酸”を生成する細菌のことを総称して”乳酸菌”と言います。ですので、これは分類分けのようなものなので、乳酸菌と一口に言っても様々な菌がこの乳酸菌に分類されます。例えば、良く聞くものとしては「ビフィズス菌」も乳酸菌の分類に入ります。

▻乳酸菌の重要な役割 ~善玉菌、悪玉菌について~
人の腸内に住む細菌には体に良い働きをする「善玉菌」と悪い働きをする「悪玉菌」が存在します。これらは常に勢力争いをしています。善玉菌は人の体を健康に保つだけではなく、老化防止や長寿といった効果までもたらしてくれる存在で、逆に悪玉菌はこれを邪魔する存在と言っても良いでしょう。この両者の働きをしっかり理解することで、いかに「善玉菌=乳酸菌」を増やした方が体にとって得かということが分かります。これをないがしろにしてきた生活は勿体ないと思うのではないでしょうか。

・善玉菌の働き
☑ビフィズス菌の増殖         ⇒ 老化防止 長寿
☑免疫力を高める           ⇒ 感染症の予防 アレルギー予防
☑乳酸や酢酸が悪玉菌の増殖を抑える  ⇒ 吹き出物の予防 生活習慣病などの様々な病の予防
☑乳酸や酢酸が腸のぜんどう運動を促進 ⇒ 便秘予防

・悪玉菌の働き
☑有害物質を生成 ⇒ 顔に吹き出物を作る 生活習慣病などの大きな病を引き起こす原因になる
☑悪玉菌の増殖  ⇒ 免疫力の低下によって感染症やアレルギーを引き起こす

◆なぜ乳酸菌が膣カンジダ症を治す効果があるのか?
膣カンジダ症はその名の通り”カンジダ”という細菌によって引き起こされる症状なのですが、実はカンジタ菌は正常な人の膣内にも存在します。では、正常な人と何が違うのかというとその量です(正確には膣内に存在する細菌に対するカンジタ菌の割合)。

▻なぜ、膣カンジダ症が起こるのか?正常な人との違いは?
カンジダは細菌の中でも悪玉菌に分けられ、腸内と同様に様々な菌が生息しています。その中には当然ながら善玉菌もいます。上記で説明した通り、善玉菌と悪玉菌は常に各々がその勢力を拡大することを目論んでいます。そのため、過労やストレス、病気などの日常のささいなことによって、体が弱るとその隙を狙って悪玉菌が増殖してしまいます。こうなると、悪玉菌が善玉菌よりも有利となってしまうことで膣カンジタ症は起こってしまいます。よって、膣カンジダ症を治すためには正常な人の膣内のようにカンジダはいるけどその量よりも圧倒的に善玉菌が占める割合の方が多いという状態にすれば良いことが分かります。

▻乳酸菌を摂ることで本当に治るの?
大切なのは善玉菌=乳酸菌が悪玉菌に勝っている状態をつくることです。そのために、善玉菌である乳酸菌を摂ることをおすすめします。でも、「乳酸菌を口から入れても膣内とは関係がないんじゃないのの?」と疑問に思う方も多いでしょう。私自身もそのように考えていた一人ですが、実は口から摂取して腸内に送られた乳酸菌はそこから膣内に広がっていきます。そして、善玉菌である乳酸菌が徐々に悪玉菌よりも増えていくことで、乳酸菌によって生成される乳酸や酢酸によって膣内が正常な酸性の状態になっていくのですが、この酸性の状態というのが大切です。なぜなら、基本的には悪玉菌はアルカリ性を好み酸性を嫌うからです。そして、善玉菌の有利の状態をつくることができれば、膣カンジダ症はきれいに治るでしょう。

▻どんな乳酸菌をどれだけ摂ったら良いの?
乳酸菌を摂ると言われたときに、「じゃあ生きて腸まで届くものを選ばなきゃ」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、必ずしも生きて腸まで届かなくてはいけないということはないのです。一時期、乳酸菌が流行った時に「我が社の乳酸気は生きて腸まで届きます」ということを売り文句にしているときがありました。そのおかげで「乳酸菌は生きていなけば意味がないという間違った知識」を持ってしまった人も少なくないでしょう。実際は生きていても死菌でも同じ効果があります。そして、大切なことは、そんなことではなく「適切な量を摂取する」ということです。
その量は乳酸菌の数にして一日20億~30億個摂ることが理想とされるのですが、ヨーグルトにすると200gほどです。これは市販でファミリ向けに売っているヨーグルトの約半分に相当するので結構な量です。勿論、ヨーグルトでその量を食べられるという人はそれで問題ないです。但し、ヨーグルトの場合、200gも摂ると脂質や糖質の摂り過ぎになるので注意しなければいけません。
このような理由もあって私は手軽なサプリメントで摂っています。サプリメントだと保存もきくし、会社や旅先でも食べることができるので大変便利です。

◆管理人が愛用している”花菜の選べる乳酸菌”
私は”花菜の選べる乳酸菌”を愛用しています。この乳酸菌は、2種類のサプリメントを交互に摂取するというところが他にはない特徴です。1種類の乳酸菌だけを摂取すると体がそれに慣れてしまうということがあるようです。それを防ぐために2種類を交互に摂るのです。そして、もう一つの特長は一度に摂取できる菌の数が5000億個も摂れます。一日に必要とされる菌の数が20億~30億個ですから十分すぎる量の乳酸菌を摂ることができます。値段は毎月の便で1ヶ月6300円(税別)なので、1日にしたら210円程です。これで、膣カンジダ症のない生活が送れると思ったら私としてはとても満足です。
さらに、今なら初回半額キャンペーンもやっていてるので、私のように膣カンジダで悩んでいる方には是非一度試してもらいたい商品です。

花菜の選べる乳酸菌

 >>管理人が愛用している“花菜の選べる乳酸菌”公式サイトへ

膣のかゆみが我慢できない!かゆみを解消する2つの方法

膣のかゆみは時に激しいもので我慢できないこともあり、とても辛い悩みです。かゆみに任せてボリボリと書いてしまうと、皮膚を傷めつけて余計に悪化させてしまいます。適切なケアの仕方を学び、かゆみを防ぐ対策をとっていきましょう。
その方法は、2つあります。それは原因となっているカンジダ菌をこれ以上増やさないという方法と、
カンジダ菌の敵となる(私たちの味方である)乳酸菌を増やすという2重の対策を行うことでより
効果的に膣カンジダ症対策が可能です。

◆かゆみの原因となるカンジダ菌の増殖を抑制する
カンジダ菌の増殖を抑制するためには、カンジダ菌が嫌いな環境に膣内を保てば良いことになります。
カンジダ菌が嫌がる環境とは、熱や湿気がこもらないような環境にすることがまずあげられます。熱と湿気はカンジダ菌にとってとても居心地の良い場所です。そうならないように、膣内が清潔で乾燥している状態になるよう、衣類をコットン素材で締め付けられないものに変えましょう。それ以外にも、食事面では脂っこいものや肉類などの動物性のタンパク質も控えると良いでしょう。イメージとしては和食に切り替える心掛けを持つことがおすすめです。和食に切り替えると不思議と吹き出物が減ったり肌の調子も良くなったり、いいことずくめです。また、細かいところでは、トイレでビデを使わないようにすることや、入浴時に膣を石鹸で洗わずお湯で軽く流す程度にします。

☑通気性を良くする(熱と湿気がこもらない環境づくり)
☑動物性タンパク質、脂っこい食事を減らして和食に切り替える
☑トイレでビデを使わない
☑お風呂で石鹸を使わずお湯で洗い流す

◆乳酸菌の力を利用して免疫力アップ!!
実は、カンジダは正常な人の膣内にも存在しています。正常な人はカンジダ菌のような悪玉菌(体に良くない菌)よりも乳酸菌のような善玉菌の活動が優位になっています。この状態に近づけることが膣カンジタ症を改善することに繋がります。膣内の乳酸菌を活発にさせるためには、ヨーグルトなどを食べるのも良いでしょう。しかし、毎日たくさん摂らないとなかなか効果が出ないので、サプリメントでヨーグルト以上の菌を摂取することが有効です。サプリメントで口から入った乳酸菌は腸から膣内へと拡散していきます。ここで大切なことは、膣カンジダの人に適した乳酸菌を摂ることです。
膣カンジダの人に適したサプリメントとは、デーデルライン乳酸桿菌を含むものであるかどうかを確認しましょう。これがあることで、効果的にカンジダ菌の増殖を抑制することができます。

花菜の選べる乳酸菌

>>管理人が感動したデーデルライン桿菌を含む乳酸菌サプリメントはこちら

管理人のプロフィール

初めまして、管理人を務めさえて頂いているカヨコと申します。
現在、45歳で歯科衛生士をしています。
休みの日は、趣味の油絵をしてマッタリと過ごしています。

私も昔は膣カンジダ症に悩まされていた一人です。特に若い頃は親に言うのも恥ずかしいもので、誰に相談できず辛い想いをした経験があります。この病気は完治することが難しく、再発し易いのが特徴です。私自身もストレスなどのささいなことが原因となって何度も再発して、その度に「一生治らないのではないか」と諦めていたほどです。しかし、仕事のベテラン上司とバーに飲みに行ったときに思い切って相談したところ、乳酸菌で治す!という方法を教えてもらいました。その上司に教えて貰ったサプリメントを早速試してみると、今までの悩みがうそのように治ってしまったのです。
その感激のあまり、周りに同じ悩みを持つ人がいるとつい教えてしまいます。
その中で思ったことは、世の中には同じ悩みを持っている人が意外に多くいるということでした。
そこで、私は、自分と同じように悩んで、辛い想いをしている人のためにこのサイトを作製することにしました。このサイトがあなたの深い悩みを解決する有効な手段になることを願っています。