膣がかゆいのを治したい!膣カンジダ症のかゆみをとる乳酸菌の実力!

膣がかゆいのを治したい!膣カンジダ症のかゆみをとる乳酸菌の実力!

*

膣カンジダ症を治したいなら ”乳酸菌”の力を知るべきです!

花菜の選べる乳酸菌

 >>初回半額コース有り!“花菜の選べる乳酸菌”公式サイトへ

膣のかゆみ、カンジダ症のかゆみを治したいあなたへ

「膣のかゆみ」「膣カンジダ症によるおりもの」、本当に辛いですよね。私も以前まで膣カンジダ症によるおりものや膣のかゆみに悩まされていたので、気持ちは良く分かります。膣がかゆいと日常生活が辛かったり、些細なことにイライラしてしまったりと本当にいいことがありません。

そんな生活を変えるために私が提案したいのが、“乳酸菌の力”です。膣カンジダ症は実は膣内の菌のバランスが崩れることによって発症します。そして、乳酸菌の力でそれを元通りにすることが可能です。

このページでは、乳酸菌についての基礎知識や、膣カンジダ症の原因、なぜ乳酸菌が膣カンジダ症を改善するのかということについて解説します。乳酸菌を知ることであなたの辛いカンジダ症も改善していく可能性がありますので、これを機会に正しい知識と対策を身に付けていきましょう。

乳酸菌について知ろう

私たちの身の周りには様々な細菌がいます。人の体には至るところに細菌が存在しますが、その中でも腸内菌の数はとても多いと言われています。その種類は300~500種類、数にすると100兆個以上も存在すると言われます。これは地球上の人類の数をはるかに超える数の菌たちが私たちの腸内に生息しています。0273b248eab3eea5bcecca87b1553e25_s

その中の一つとして乳酸菌は存在し、私たちの腸内にも生息しています。ですが、私たちが生まれる前、つまり母親のお腹にいるときには私たちの腸内には全く菌がいないということをご存じでしょうか。

実は、私たちが生まれた瞬間に外気に触れることや、母親やお医者さんなどが手で触れたりすることで、様々な菌が口から入ることで腸内細菌が生息し始めるのです。因みに、乳酸菌は身の周りには味噌やぬか漬け、ヨーグルトなどの乳製品中にも存在します。

▻ 乳酸菌とは

乳酸菌とは善玉菌の一種で、生命活動の中で”乳酸や酢酸”を生成する細菌のことを総称して”乳酸菌”と言います。ですので、これは分類分けのようなものなので、乳酸菌と一口に言っても様々な菌がこの乳酸菌に分類されます。例えば、良く聞くものとしては「ビフィズス菌」も乳酸菌の中の1種です。

▻ 乳酸菌の重要な役割 ~善玉菌、悪玉菌について~

36e12542a419c73881c08fe17da23f20_s

人の腸内に住む細菌には体に良い働きをする「善玉菌」と悪い働きをする「悪玉菌」が存在します。これらは常に勢力争いをしています。善玉菌は人の体を健康に保つだけではなく、老化防止や長寿といった効果までもたらしてくれる存在で、逆に悪玉菌はこれを邪魔する存在と言っても良いでしょう。

この両者の働きをしっかり理解することで、いかに「善玉菌=乳酸菌」を増やした方が体にとって得かということが分かります。下記に列挙したように、善玉菌には体にとっていくつものメリットがあり悪玉菌には大きなデメリットがあります。もし、これまで体の中の菌について深く考えずに過ごしてきたのであれば、それは大変勿体ないことだと思います。これを機会に腸内環境も見直していきましょう。

 ・ 善玉菌の働き

☑ビフィズス菌の増殖         ⇒ 老化防止 長寿
☑免疫力を高める           ⇒ 感染症の予防 アレルギー予防
☑乳酸や酢酸が悪玉菌の増殖を抑える  ⇒ 吹き出物の予防 生活習慣病などの様々な病の予防
☑乳酸や酢酸が腸のぜんどう運動を促進 ⇒ 便秘予防

 ・ 悪玉菌の働き

☑有害物質を生成 ⇒ 顔に吹き出物を作る 生活習慣病などの大きな病を引き起こす原因になる
☑悪玉菌の増殖  ⇒ 免疫力の低下によって感染症やアレルギーを引き起こす

なぜ乳酸菌が膣カンジダ症を治す効果があるのか?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

膣カンジダ症はその名の通り”カンジダ”という細菌によって引き起こされる症状なのですが、実はカンジタ菌は正常な人の膣内にも存在します。では、正常な人と何が違うのかというと、それは膣内に存在する量が違います(正確には膣内に存在する細菌に対するカンジタ菌の割合が異なる)。

▻なぜ、膣カンジダ症が起こるのか?正常な人との違いは?

カンジダは細菌の中でも悪玉菌に分けられ、腸内と同様に様々な菌が生息しています。その中には当然ながら善玉菌もいます。上記で説明した通り、善玉菌と悪玉菌は常に各々がその勢力を拡大することを目論んでいます。

そのため、過労やストレス、病気などの日常のささいなことによって、体が弱るとその隙を狙って悪玉菌が増殖してしまいます。こうなると、悪玉菌が善玉菌よりも有利になって膣カンジタ症が起こってしまうのです。よって、膣カンジダ症を治すためには正常な人の膣内のように、“カンジダ菌はいるけどその量よりも圧倒的に善玉菌が占める割合の方が多い”という状態にすれば良いことが分かります。

▻乳酸菌を摂ることで本当に治るの?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

大切なのは乳酸菌(善玉菌)が悪玉菌に勝っている状態をつくることです。そのために、善玉菌である乳酸菌を摂ることをおすすめします。でも、「乳酸菌を口から入れても膣内とは関係がないんじゃないの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

私自身もそのように考えていた一人ですが、実は口から摂取して腸内に送られた乳酸菌はそこから膣内に広がっていきます。そして、善玉菌である乳酸菌が徐々に悪玉菌よりも増えていくことで、乳酸菌によって生成される乳酸や酢酸によって膣内が正常な酸性の状態になっていくのですが、この酸性の状態というのが大切です。

なぜなら、悪玉菌は酸性を嫌うからです。そして、善玉菌の有利の状態をつくることができれば、膣カンジダ症はきれいに治るでしょう。

▻どんな乳酸菌をどれだけ摂ったら良いの?

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

乳酸菌を摂ると言われたときに、「じゃあ生きて腸まで届くものを選ばなきゃ」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、必ずしも生きて腸まで届く必要はないのです。一時、乳酸菌が流行った時に「我が社の乳酸気は生きて腸まで届きます」ということを売り文句にした製品がたくさん出てきました。

そのおかげで「乳酸菌は生きていなけば意味がないという間違った知識」を持ってしまった人も少なくないでしょう。実際は生きていても死んだ菌でも同じ効果があります。そして、大切なことは、そんなことではなく「適切な量を摂取する」ということです

その量は乳酸菌の数にして一日20億~30億個摂ることが理想とされるのですが、ヨーグルトにすると200gほどです。これは市販でファミリー向けに売っているヨーグルトの約半分に相当するので結構な量です。勿論、ヨーグルトでその量を食べられるという人はそれで問題ないです。

但し、ヨーグルトの場合、200gも摂ると脂質や糖質の摂り過ぎになるので注意が必要ですし、あまりおすすめはできません。
このような理由もあって私は手軽なサプリメントで摂っています。サプリメントだと保存もきくし、会社や旅先でも食べることができるので大変便利です。

管理人が愛用している”花菜の選べる乳酸菌”

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

私は”花菜の選べる乳酸菌”を愛用しています。この乳酸菌は、2種類のサプリメントを交互に摂取するというところが他にはない特徴です。1種類の乳酸菌だけを摂取すると体がそれに慣れてしまうということがあるようです。それを防ぐために2種類を交互に摂るのです。そして、もう一つの特長は一度に摂取できる菌の数が5000億個と健康管理の上でも十分な量の菌を摂ることができます。

値段は毎月の便で1ヶ月6300円(税別)なので、1日にしたら210円程です。これで、膣カンジダ症のない生活だけでなく、肌が綺麗になったり、大きな病気になるリスクを軽減できると思ったら、私にとっては本当に満足できる商品です。

さらに、今なら初回半額キャンペーンも行っていてるようなので、私のように膣カンジダや膣のかゆみで悩んでいる方にはこの機会に一度試してみてはどうでしょうか。

花菜の選べる乳酸菌

 >>管理人が愛用している“花菜の選べる乳酸菌”公式サイトへ

公開日:
最終更新日:2015/06/19